イベント

「働き方」に悩むエンジニア必見!プロフェッショナルのキャリアが聞けるイベント開催!

  • この記事をシェアする
  • 0
  • 2
  • 0
LTTサムネ

20131021yamadaこんにちは、山田です。

先日、SIerからWeb系に転向された具志堅さんのヒカ☆ラボイベントを開催したところ、参加されたエンジニアの皆さんより好評の声を頂きました。
そこで、次のイベントでも「キャリア選択」のテーマにスポットを当て、もっと多様な「働き方」を経験された3名に登壇していただくことが決定しました。

正社員からフリーランスに転向された方、起業された方、別の業種に転職された方、と3名ともユニークなキャリアの3名に集まっていただきました。

今回は、イベントに先立ち、エンジニアの皆さんからのキャリア相談を担当するキャリアカウンセラーの石川と「正社員とフリーランスの働き方」について、普段どのような声が多いのかお伝えします。

●登壇する方のプロフィール●

曽川 義英氏 (@egg_sogawa)
1985年生まれ。株式会社ナビタイムジャパンに入社。
会社に所属しながら、デザイナー、サウンドクリエーター、エンジニアを集めてチームEGGという個人開発グループを結成。
フリーランスとして独立し、チームEGGから有志を集めて、チームEGG株式会社を設立。

■西 篤史氏
1982年生まれ。
組み込み系開発会社にてエンジニアとして新卒から5年間勤務。
その後、グリー株式会社に転職。
現在は、株式会社スクウェア・エニックスとの協業プロジェクトにて、
プロダクトの立ち上げから運営までを行っている。

■田宮 直人氏
1981年生まれ
製作会社にてエンジニアとして勤務後、起業。
リーマン・ショック後は会社を休眠し、再度、サラリーマンに。
Yahoo小会社の後、サイバーエージェントではシステム責任者を担当後、アナリストに転身。
現在はフリーランスでエンジニア兼アナリストとして活動中。

 

 

石川さん
石川 美沙
キャリアカウンセラー。日々フリーランス希望の方の相談を担当。
「エンジニアさん、デザイナーさんの技術話をきちんと理解しながらお話できるのが嬉しくて、自分に関わってくださる方が満足していただけるような対応をすることをポリシーにして日々仕事をしています!」

山田さん
山田 諒
キャリアカウンセラー。主に転職を希望されるエンジニアの相談を担当。
世界を大きく変えるIT業界で働く「人」を支え、よりオモシロイ世界を創る担い手になりたいと思いレバレジーズへ入社。
仕事上のこだわりは「スピード感」。

 

「働き方」を変えたいと思うきっかけ

20131021yamada:石川さん、エンジニアさんが正社員からフリーへ転向する理由ってどういうものが多いんですか?

 

フリーランスが期待するのは「収入」「責任範囲」「スキルアップ」

ishikawa_SS:私がこれまで担当してきたエンジニアさんで、フリー転向を考える方に多い理由は、

・収入
・責任範囲
・スキルアップ       の3つですね。

 

まず、「収入」の手取りはやっぱり同じ案件でもフリーランスのほうが多い傾向にあります。
正社員の場合は控除などありますからね。
そういった話を聞いて、「フリーランスっていいな」と思う方は多いようです。

次に「責任範囲」ですが、フリーランスは契約時に業務範囲が決まるので、自分の強みを活かしてお仕事ができる良さがあります。
正社員は経験を積み、社歴を重ねるとマネジメントも業務に加わるチャンスがあるのですが、その一方で自分の手を動かす時間がなくなってしまうこともあります。
業務を絞って打ち込めることに魅力を感じるエンジニアさんは多いですね。

「スキルアップ」も「責任範囲」と重なるのですが、決まった範囲の業務に集中することができれば、その分自分の技術を磨くことにあてる時間が増えるので、強みを追求したい人にはおすすめです。
また、いろんな開発環境を経験できるのもフリーランスの良さですね。

他にも、将来自分でサービスを作りたいので、起業の準備としてフリーランスを選択される方も多くいらっしゃいます。

ishikawa_SS:正社員の転職は、どういった理由が多いんですか?

 

正社員の転職は理由で多いのは、「新しい環境」と「成長機会」

20131021yamada:エンジニアさんのヒアリングをこれまで行ってきた中で、多いなと感じるのは「今後のキャリアへの不安」です

周りの先輩社員を見て「5年後、10年後、自分はきっとこんな感じで働いているんだろう」と想像できる。そこで「でも、このままで本当にいいのかな」と悩んだ末、転職を、という方が多いようです。

だから、私が企業のご提案をする時には、あえてこれまでとは違う環境や、マネジメントも含めた成長機会がある転職先をお持ちするようにしています。

 

「働き方」を変えるときの不安は?

DSC_5651

フリーランスになる不安の種は年齢によって異なります。

20131021yamada:では次に、「働き方を変える際の不安」についてお話を聞かせて下さい。
石川さん、先程はフリーランスに転向する理由をお話されましたが、やっぱりどの働き方にもメリット、デメリットがあると思うんですよ。

実際、いざフリーランスになることを決めた方が抱える不安ってどのようなものがあるのでしょうか?

ishikawa_SS:  そうですね…一概には言えないのですが、まずエンジニアさんの年齢によって大きく分けられるなという印象ですね。

20代から30代前半の方は、
「案件が自分にあるのか?」
「税金まわりや確定申告をどうやってやったらいいのかわからない!」
といった悩みが多いですね。

一方で30代以降の方でこれまでにフリーランスを続けてきた方は、
「年齢制限で案件が少なくなるんじゃないのか?」
「若い現場についていけるのか?」

など、年齢に関する不安が多くなる傾向があります。

20131021yamada:石川さんはそのような不安に対して、どのようにアドバイスしているのですか?

ishikawa_SS:案件の有無や自分にあってるかどうかの不安は、こちらからエンジニアさんに多くの案件をお持ちすることで解消できます。
税金等の不安についても、ご相談いただければ税理士さんをご紹介することも可能です

また、単金の悩みに関してもアドバイスさせて頂いています。
ネットで単価計算できるサービスもありますが、経験年数や言語だけでは大雑把な計算しかできないですね。
私達は日々スキルシートを見たり、企業側の要望もお聞きしてますので、その辺りもお力になれると思います。

 

正社員の転職の不安は「年収」と「やりたいこと」とのバランス

ishikawa_SS:正社員の転職はどうですか?安定しているイメージがありますが…。

20131021yamada:正社員の転職は30代の方が多いのですが、一番よく聞く不安の声は「年収が下がること」ですね。

新しいことチャレンジしたい。でも家庭があるから年収は落としたくない、といったバランスが難しいという声をいただきます。

ishikawa_SS:では、そのような不安を持った方に、山田さんはどんなフォローをしているのですか?
20131021yamada:やりたいことはヒアリングしつつ、提案時にはさまざまなキャリアパスが描けるような企業をご紹介しています。
最初はあえて自分の強みを活かせる領域で転職し、その企業での経験を積む。
そして、2年後、3年後価値を高めた状態で望みどおりのキャリアパスに社内でシフトするという流れが最適だと思っています。

 


 

「働き方」を変えることは、すごく勇気がいることです。
もし次のステップに進もうと考えているなら、エージェントに相談したり、いろんな人の考えやキャリアプランもきっと良いヒントになるはずです。

今回のイベントも、参加者の皆様の「働き方」を考える良いきっかけになればという想いで企画しました。
ぜひ、奮ってご参加ください!

 

異色のキャリアを持つ3人のエンジニアと探る、これからの生存戦略

日時:2014年7月28日(月)
場所:レバレジーズ本社(渋谷ヒカリエ17F)

ヒカリエ

イベント内容
IT業界にエンジニアとしてキャリアを積んでいく方々のためのイベントです。

登壇者には、
・株式会社ナビタイムジャパンへの新卒入社を経て法人を立ち上げた曽川氏
・組込み系開発会社にて経験を積んだ後、異業界であるグリー株式会社へ転職した西氏
・製作会社のエンジニアとして就業後、様々なキャリアを経て、現在はフリーランスとして活躍中の田宮氏
の3名を迎え、自身のキャリアについての考え方、動き方について話していただきます。

※内容は若干変更となる可能性がございます

講演者
■曽川 義英氏 (@egg_sogawa)
キャリアを振り返った時に「他人がやらないことをやる」というポリシーを自然と貫いてきたように思います。今回はこの「他人がやらないことをやる」というポリシーを通してやってきた経験をお話できればと思っております。

■西 篤史氏
「ウェブエンジニアに転職する前に今日から始める7つのこと」
今回は、自身が組込みエンジニアからウェブエンジニアに転職して感じたことを中心に、「こんなことをしておいて役に立った」「もっとこういうことをしておけばよかった」ということをご紹介させていただきます。

■田宮 直人氏
「エンジニアとしての成長と将来像を見据えたキャリア形成について」
エンジニアとして従事している頃、「やりたいこと」と「やっていること」のギャップに疑問を感じることがありました。そのような感情が湧いた時、理想に近づけるよう【転職】をしてきました。

下請け会社と事業会社では働き方、得られる知識が全く違いました。
ベンチャー企業と大手企業でも、得られる知識、働き方が全く違いました。
上述の各企業で経験してきたことなどを話しながら、キャリア形成についてまとめてみたいと思います。

予約方法
予約フォームから予約する
※弊社運営サービス@Agent内予約フォームに遷移します。転職者用イベントではありません。どなたでもご参加いただけます。
ATNDから予約する