イベント

クラウドゲートが語る”みるみる案件が集まるクリエイターの共通点”

  • この記事をシェアする
  • 0
  • 0
  • 0
サムネLTT

山口-yamaguchiこんにちは、山口です。

レバレジーズではエンジニアの皆様のキャリアをサポートしておりますが、同時にクリエイターの皆様にも案件をご案内しております。

その背景より、来る7月23日(水)開催のイベント「ヒカ☆ラボ」にてクリエイティブ関連サービスを展開するクラウドゲート株式会社、株式会社アカツキの登壇を予定しております。

今回はイベントに先駆け、クラウドゲートに「人気クリエイターの共通点」についてお話をお伺いしました。

rogo

クラウドゲート株式会社
日本最大級のクリエイターネットワークを築いて、ゲーム用の各種イラスト制作を主に行なっている。
クリエイターとご依頼主の間で簡単に仕事を売り買いできるマッチングサイト「Crowd Gate」を運営し、登録クリエイターは18,000名にのぼる。

案件オファーが絶えないクリエイターの2つの共通点

Q.受託案件を次々請けるクリエイターは、どのような共通点がありますか?

よく受託案件を請けるクリエイターには、主に2つの特徴がありますね。
ひとつは、ニーズに合わせて細かな対応ができること」です。

 

クライアントがどういう絵柄を求めているのかを理解し、ニーズに合わせることはクリエイターにとって、非常に重要なスキルです。
当たり前の話に聞こえるかもしれませんが、案件ごとにクライアントが求めるデザインは異なります。
それぞれのクライアントのニーズを汲み取って、案件ごとに細かく対応することができるクリエイターには、お仕事が次々くるそうです。

 

もう一つは、「こまめにコミュニケーションをとること」ですね。

「待ち」のスタンスではなく、自分からアクションを起こすクリエイターの方にはやはり、案件が集まってきます。

アクションと言ってもスケジュールや新しいサンプルの提出など、小さな内容で構わないんです。
小さなことでも定期的にご連絡をいただける方はその分こちらからもご相談しやすく、頻繁にお声掛けさせていただいています。

特に、ご自身のお仕事の空きスケジュールを積極的にお知らせしてくださる方は、その方の状況を知った上で仕事を依頼する判断ができるので、依頼させていただく当社側は大変助かります。

 

 

Q.貴社ではよくクリエイター向けのイベントが開催されているとのことですが、これまでにどのようなイベントを行われたのでしょうか?

当社では“『創る』を支援する”を理念に掲げ、今も様々なイベントの企画が動いています。

 

過去に行ったものですと、株式会社インテリジェンスと企画した「企業の採用・業務担当者に直接会えるお仕事イベント【クリエイターズワーキングフェスタ!!】」や、フリーランスクリエイターの方からいただいた「同業者と交流したい」という声から開催した【クリエイター交流会】などのイベントが好評でした。

 

特に反響が大きかった【クリエイターズワーキングフェスタ!!】は、企業とクリエイターを直接結び、クリエイターと企業が話し合いを持って雇用形態を自由に選択することができるという新しい就職イベントでした。

こちらに関しては、9月7日(日)に【第2回クリエイターズワーキングフェスタ!!】を開催する予定です。

 

 

Q.最後に、7/23のヒカ☆ラボではどのようなことをお話される予定ですか?

今回の「ヒカ☆ラボ」では、普段フリーランスで活躍されているクリエイターの方々が、今持っているスキルを活かしながら、新しいお仕事に結びつくようなイベントにしたいと思います。
「今どういった案件が増えているのか」
「将来的にどういった案件が増えていくのか」
を赤裸々に語りたいと考えています。

今後お仕事の幅を広げたいと考えている方、ぜひご参加ください。

 

イベント詳細はこちら

求められるデザイナー・クリエイターになるには?
~ゲーム業界の市場と現場の動きからどんなスキルが必要になるか一挙紹介致します~

日時:2014年7月23日
場所:レバレジーズ本社(渋谷ヒカリエ17F)

ヒカリエ

■公演内容

『今、現場が求めているクリエイターのスキル』
『注目している技術』
『今後“求められる”クリエイターになる方法』
などの切り口からクラウドゲート、アカツキにお話していただきます。

また、両社の現役デザイナーを交え、クリエイターの未来についてトークセッション形式で、参加者の皆さまからの質疑にお答えいただきます。

イベントの最後には、直接企業担当者とお話していただける懇親会も予定しております。

■講師
クラウドゲート株式会社
野尻貢司氏(取締役 兼 法人事業部長)
ゲーム会社の品管部門でテストプレイに明け暮れたのち、マーケティングリサーチ会社に転職。
リサーチャーとして多数の消費者調査を経験した後、2009年にクラウドゲート(当時はテラネッツ)に入社。
経営企画室長、コンシューマー事業部長を経て2011年に取締役就任。現在は法人事業部長として、ゲームグラフィックの受託制作事業を統括している。

株式会社アカツキ
橋本雄祐氏(チーフプロダクトデザイナー)
2007年、シリウステクノロジーズに入社後、LBSの設計、開発やロケーションベース広告プロダクトに関わる。
2010年、アカツキに参加。デザイン、エンジニアリング、プロダクトの設計など全般に関わる。
夢はデザインと技術の力を使って世界中の人々を幸せにすること。

 

■予約方法
予約フォームから予約する
※弊社運営サービス@Agent内予約フォームに遷移します。転職者用イベントではありません。どなたでもご参加いただけます。
ATNDから予約する


山口-yamaguchiいかがでしょうか。
案件が集まるクリエイターには高いスキルが求められますが、それ以外にも大きな要素がいくつもあるんです。

18,000名以上のクリエイターが登録するクラウドゲートだからこそ話せる話題も多くあるかと思います。
きっとクリエイターの皆様のキャリアプラスに働く機会となるイベントです!

それでは、当日ヒカ☆ラボでお待ちしています。