CTOの職務経歴書

【CTOの職務経歴書】世の中にインパクトを与え、ユーザーの人生を変えていくようなサービスを追求したい|株式会社ネットマーケティング CTO 柿田 明彦氏【後編】

  • この記事をシェアする
  • 0
  • 0
  • 0
後編_MV

img_HirotakaKatou1-111x150 こんにちは。加藤です!

前回に引き続き、株式会社ネットマーケティングCTOの柿田明彦氏のインタビューをお届けします。

ネットマーケティング社への転職を決めた理由、CTOとしての考え方、さらには今後、どのように進化していきたいかについて、お話を伺いました。

株式会社ネットマーケティングとは?
インターネットの可能性を追求し、広告事業とメディア事業を柱に、新しい価値を社会に提供。メディア事業では、2012年に「Omiai」、2015年1月に「Switch.」をリリース。「Omiai」の累計会員数は100万人を突破している。
http://www.net-marketing.co.jp/

もっと世の中の役に立ちたいという思いで転職を決意

―柿田さんがネットマーケティング社に転職されるのは2012年12月ですね。転職を決めたきっかけはどのようなものだったのでしょう。

柿田氏:エンジニアとして、もっと社会に広くインパクトを与える仕事がしたかったからです。前職ではクライアントに喜んでいただくやりがいはあったものの、成果物の影響範囲が狭かった。もっともっと幅広く世の中の役に立ちたいという思いをずっと抱いていました。

ユーザーに「このサービスがあったから人生が変わりました」と言っていただけるような自社サービスを作りたいと考えたんですね。

なので、より直接的にエンドユーザーとつながるならBtoBよりBtoCだと思い、転職を決意しました。

―そうした結論に至ったなかで、ネットマーケティング社への入社を選択した決め手はどのようなものだったのでしょうか。

柿田氏:正直な話、最初にネットマーケティングを知ったとき、主要サービスが恋愛マッチングサービスの「Omiai」ということで、「出会い系か。怪しい会社だな」と感じました(笑)。ただ、実際にOmiaiについて調べてみると、サービスとしてとても誠実に設計されていることに気づいたんです。

Facebookを活用するといっても、利用者のプライバシーには配慮されていますし、既婚者をはじくような仕組みがあって安心も確保されている。当時のユーザー数は今ほど多くありませんでしたが、このサービスの革新性に衝撃を受け、これならもっと伸びると確信しました。加えて、結婚というライフイベントを支援することで、広く世の中の役に立てると思えたことが大きいですね。

私が入社する前のOmiaiはPC版のみでしたが、今後はスマートフォンにも対応していくとのことでした。私は、これからのWebサービスは、スマートフォンとの相性が高まると考えていたので、その点でもこの会社で働きたいと思った記憶があります。

4_kakita
もっと世の中にインパクトを与えたいとの思いから転職を決意

自分の子どもにも、自信を持って勧められるサービス

―入社してからはどのような業務に携わりましたか。

柿田氏:まずはOmiaiのiPhone版リリースに向け、開発を委託していた外注スタッフのマネジメントを担当しました。iPhone版のリリース後は、Android版ですね。

私自身、前職ではマネジメントを経験していたので、外注のコントロールはうまくいきました。

―実際にご自分で開発を担当して、Omiaiの印象は変わりましたか。

柿田氏:私が予想していた以上に、世の中にインパクトを与えているサービスであることを実感することができました。

「Omiaiのおかげで彼氏ができました」とか「結婚して来月子どもが生まれます」といった声を、毎日のようにいただいています。ときには手書きの礼状が来ることもあり、感動して涙が出ることがあります(笑)。

入社前には怪しいと思いましたが、今は正反対です。私には8歳と4歳の子どもがいますが、すでに「大人になったらOmiaiでいい人をさがすんだぞ!」と言って聞かせています。8歳の息子はOmiaiのステッカーを見ると嬉しそうに「大人になったらいい人みつかるかな」と聞いてきます。本当に誇りを持ってOmiaiの開発に携わっています。

―恋愛マッチングサービスの将来性についてはどうお考えですか。

柿田氏:私は十分にあると思っています。

アメリカでは6人に1人がオンラインマッチングサービスで出会っていますが、日本ではどうしても出会い系の悪いイメージがありますよね。私はこれを払拭し、安心して利用できるサービスを定着させたいと考えています。

なので、マッチングサービス市場を広げるという意味では、競合他社さんも仲間だと考えています。

5_kakita
一人でも多くの人に、結婚の幸せを感じて欲しいという