企業研究

Apple.comのデザインを15年さかのぼってみたら〇〇だった

  • この記事をシェアする
  • 0
  • 0
  • 0
無題

20140422103448こんにちは。にわかAppleフリークの木下です。

Appleって製品はもちろん、ブランド全体が出すコンセプトや哲学って統一されていて、しびれるものがありますよね。

そのAppleブランド、いつから始まったのか?

本国アメリカのApple.comの歴史をさかのぼって調べてみました!

Apple.comをさかのぼってみた

2014年のApple

apple(2014年)

こちらが現在のApple.com
製品だけではなくユーザーストーリーにもフォーカスした事が話題になりましたね

2012年のApple

Apple(2012年)

2012年はTOPに大きくiPadの画像が配置されています。まだまだこの時代の「ホワイトベースに製品ドーン!」なイメージが強いのではないでしょうか。

また2014年に比べるとフラット感が薄いですよね。この辺りに、ここ2年くらいのデザイントレンドの変化が出ている気がします。

2010年のApple

Apple(2010年)

 

2012年と同じで、iPadがTOPページを飾っています。
ただいま見ると2012年のiPad・・・分厚い・・・。ただTOPページのレイアウト自体はあまり大きく変わっていませんね。

2008年のApple

Apple(2008年)

TOPページはiPhone3G。これまた・・・分厚い・・・。

この年くらいから日本でもiPhoneを使っている人をよく見るようになりました。
TOPページの背景は2010年のグレーから白に変化しました。レイアウトは大きく変わっていないですね。

2006年のApple

Apple(2006年

大きな商品画像1枚の下に4つの画像というレイアウトは大きく変化はしていないのですが、これまでに比べると横幅が狭く、上部のタブも懐かしい感じ。

この年はMacにintelが入ったことでも話題になりました。

2004年のApple

Apple(2004年)

2004年は基本的なレイアウトは変わらないものの、下に検索窓がありますね。G5は今みても格好良い・・・。
この年にはiPod miniが世界的に大ヒットした年です。

2002年のApple

Apple(2002年)

2002年、大枠の構成は変わっていません。上部のタブや4つのカテゴリはこの頃からあったんですね。
ちなみにiBookG4はこの年に誕生したようです。

2000年のApple

Apple(2000年)

でました、カラフルなiMac!ラインナップがにぎやかなTOPページですね。このカラフルさは、iPhone5cに通じるものを感じます。
この年にスティーブ・ジョブズが正式にAppleのCEOになりました。

1998年のApple

Apple(1998年)

Macの歴史に大きな一歩を刻む、iMacの登場!
画像では伝わらないのですが、TOP画像のiMACはズームインしてきます。
回線の早くない時代にこのクオリティとは・・・。

ここまで16年分もAppleのTOPページをさかのぼってきましたが、一貫していますね。
つまりAppleは最初からこうだった・・・かとおもいきや、ジョブズがAppleに復帰した年である1997年のAppleを見てみると・・・。

1997年のApple

Apple(1997年)

全然違いますね・・・テキスト中心の情報量が多いwebページだった時代があったわけです。構成が全く異なり、画像も少ないですね。デザインも赤っぽい。
今のAppleからはあまり想像のできないカラーですね。

まとめ

Appleは1998年の時点で、2014年でも通用する基本構成を完成させていた
16年前から、完成度が高いなんてさすがAppleです。

Appleでも1997年はテキスト中心
しかし、今から17年も前になると今とはイメージやレイアウトが全く違います。

この年1997年に、スティーブ・ジョブズがAppleに復帰し、影響力を再び持ち始めました。

翌1998からTOPページが大幅に刷新されているという点が非常に面白いです。

ちなみに1997年のサイトってどんな時代?

ようやくAmazonが上場し、日本では楽天が設立されたような年です。その頃のgoogleは・・・

google(1998年)

2014年のTOPページは新しいチャレンジ

1998年から2012年までのページをみるとAppleのTOPページは製品の画像を大きく取り上げるようなページでした。ところが、2014年のTOPページはAppleの製品を押し出しつつも、その製品でどのような体験ができるのかにフォーカスしています。

ここまでAppleのTOPページについて調査してきましたが、やっぱりAppleすごいですね!

次はまた世界的に有名なサイトの変遷をたどって見ようと思います。