山田 諒

img768x270_ADS9475

常に革新的な時代を作ってきたIT業界。

そのIT業界で働く「人」を支え、よりオモシロイ世界を創る担い手になりたいと思いレバレジーズへ入社。
仕事上のこだわりは「スピード感」。
何事にも鮮度が大事だと考えています。大人な男性を目指し、落ち着いた行動を心がけております。

しかし、実年齢より5歳以上老けて見られ、完全に裏目に出てます。
早く若さを取り戻したい。

山田 諒 の記事一覧

キャリア論

介護師→エンジニア!異職種からのキャリアチェンジ事例から見る「ポテンシャル採用」で内定を得るために大切な2つのこと

ポテンシャル採用サムネイル2

こんにちは。山田です。 求人案件などで見かける「ポテンシャル枠」。 見かけたことがある方も多いのではないでしょうか。 今回は「エンジニアのポテンシャル採用」について、事例を交えてお伝えします。 ポテンシャル採用の多くは20代。 特に社会人1...

イベント

注目トピック

ユーザビリティで受賞多数の「HOME’Sアプリ」。その開発秘話に迫る!

グラフィックス2

今回は6月3日にヒカ☆ラボに登壇された株式会社ネクスト 大坪氏、小屋敷氏の講演内容をレポートします。 お2人には「スマートデバイス開発秘話」というテーマで語っていただきました。

インタビュー

注目トピック

「データサイエンティストとアナリストはお互いが歩み寄っていかないといけません」小川卓氏が語るアナリストの関わり方

小川さんサムネ

小川卓氏とデータアナリスト田宮氏に「データサイエンティストの関わり方」について対談していただきました。 お2人が語る【先進層】、【経験層】、そして【今から層】のコミュニケーションとは? また、小川氏にはイベントにもご登壇していただきます。

CTOの職務経歴書

インタビュー

注目トピック

【CTOの職務経歴書】1単位が足りなくて卒業出来なかったおかげでCTOになっている|nanapi CTO 和田修一氏

5aae14cc3835ed20758a4f1a6dbb62d11

「CTOの職務経歴書」は、レバレジーズのアナリスト兼営業が、インタビュー取材を通して注目企業CTOの視野に迫る連続企画です。 今回はnanapiの和田修一さんに、CTOになるまでの経緯や起業後の話をたっぷり語っていただきました。 ストイックなイメージの強い和田さんの意外な姿な一面をみることができました。

イベント

注目トピック

「働き方」に悩むエンジニア必見!プロフェッショナルのキャリアが聞けるイベント開催!

LTTサムネ

イベントに先立ち、エンジニアの皆さんからのキャリア相談を担当するキャリアカウンセラーの石川と「正社員とフリーランスの働き方」について、普段どのような声が多いのかお伝えします。 エンジニアの方が「働きかた」を変えたいと思うきっかけ、そして不安について語ります。

インタビュー

注目トピック

コードで織りなすボケ&ツッコミの世界・・・エンジニアの新定番スポット’Hackers Bar’訪問レポート

サムネ2

2014年5月、六本木に突如オープンした「Hackers Bar(ハッカーズバー)」訪問レポート。お店のドアを開けると、そこにはエンジニア心をくすぐる空間が広がっていました・・・。

イベント

「HOME’S」開発者に学ぶ「アプリのアイデア出しからユニバーサル対応まで」アプリ開発の勘所

表紙

優れたユーザービリティとして外部からも評価されている「HOME'S」の開発者のインタビューしてきました。ユーザビリティの素晴らしいサービスを開発する秘訣はユーザー視点で高い目標を掲げることだと感じさせられました。

イベント

【無料】2.5ヶ月でAWSを使いこなすセミナー開催!

11068_normal_1398645268_vectorstock_816277

AWSを熟知した専任講師より効率的な知識習得方法を無料で学ぶ事ができます。まずは事前説明会にご参加下さい。

業界ニュース

スマホアプリ向け効果測定システム「AdStore Tracking」と動画広告配信サービス「AppVador」の連携スタート 広告効果の測定をさらに拡充

2014年は動画の年と言われてます。 どんなサービスが生まれてくるかワクワクします。この動画広告も気になるサービスの1つです。 以前記事で、スマートフォンの利用時間の18.5%が目的のない暇つぶし時間とのこと。 動画広告が流れることで・・・

業界ニュース

結婚式やライブで活躍しそう?360°全方位パノラマ動画配信サービス「idoga」を用いたプロモーション展開  

臨場感あふれる新しい形のプロモーション、きっとユーザーに感動をあたえるサービスとなるでしょうね。しかも、音楽ライブとの相性が良さそうですね。 通常のライブ動画だとなかなか臨場感が伝わりづらいので、今後「idoga(イドーガ)」が主流になるかも知れません。